処女膜再生でコンプレックスと決別|新しい私に出逢おう

ダウンタイムが少ない

ウーマン

小陰唇の縮小手術をしようと決意はしたものの、いくら医師とはいえ男性にデリケートな部分を診てもらうのは抵抗があるという方は、女性のドクターがいる美容整形外科や産婦人科で治療をするといいでしょう。また、そうすることで安心して手術を受けることが可能になり、悩みを無くすことにもつながるのです。そして、従来の小陰唇の縮小手術の後にシャワーやお風呂に入浴することができず、傷の跡がなかなか消えないというデメリットが多くありました。他にも、性交渉が1ヶ月前後行なうことができないことがあったので、それをストレスに感じる方も多くいたことでしょう。しかし、今ではシャワーを12時間前後で浴びれるようになったり、性交渉も1週間前後でできるようになったりしているので、抜糸が不要な小陰唇の縮小手術を受けてみるといいかもしれません。また、小陰唇の縮小手術をすれば、基本的に今後サイズが大きくなることは無いといっても過言ではないといえるので、悩んでいるのであれば術を受けてみるのが賢明です。他にも、メリットがあり、入院をする必要が無いので次の日から仕事をわざわざ休まなくてもいいのです。また、費用は25万円前後と高額に思う方は分割払いをすることが可能な美容外科もあるので、探してみるといいでしょう。そして、コンプレックスを無くせるので、自分に自信を持つこともできるようになれます。そうすることで、異性と交際することが楽しくなってくるので、結婚を考えている人に向いているといえるでしょう。