処女膜再生でコンプレックスと決別|新しい私に出逢おう

コンプレックスは治る

女性

小陰唇(しょういんしん)は、女性の陰部のヒダの正式名称といいます。これらは、性交渉中の細菌や刺激から守る役割をしており、膣や尿道口をカバーできるのです。また、個人差によって小陰唇肥大の大きさが異なり、男性に大きいといわれるまで気付くことがないでしょう。そして、指摘されることによってコンプレックスに感じる方も多く、実際に手術をして通常のサイズに治すケースも多くいるので、悩んでいるのなら小陰唇肥大の手術を検討してみるといいかもしれません。他にも、キツイパンツやショーツなどを履いた時や生理の際に使用するナプキンをつけた時、自転車に乗り漕いだだけで痛みがあるのであれば小陰唇肥大の可能性が大いにあります。また、尿が変な方向に飛び散ったり、性交中に飛び上がる程の痛みがあったりするのであれば、小陰唇肥大ということができるでしょう。また、小陰唇肥大はデリケートな悩みなので如何に信頼できるドクターを見つけるかがカギになってきます。中には有名な病院でも小さく切られすぎるケースや傷が治らないケースもあるので、名医を見つけるのが先決といえるでしょう。また、名医を見つけるにはいろいろな手段がありますが、ウェブサイトの口コミを利用するという手もあります。口コミでは、小陰唇肥大の手術を受けた方が感想や意見を書いているので参考にすることが可能になっています。その中には、ドクターの対応や手術の結果なども載っているので、あまりにも酷評の病院は避けて評価の高いところを探すといいでしょう。